赤いチェリーとオリガミ

関東、九州を中心に活動している立花は、関東ライブをしばらく離れる際に、聴きに来てくださった方に投げつけているものがあるそうだ果たし状だ。
人見知りな立花は、ライブ会場でアンケートをかいてほしいとは言えず、それでもやっぱり聞いてくださる方がどう思っているのかとても気になる立花があみだした最大の照れ隠しアンケートなのである。
一度もってかって、考えて、紙いっぱいに、もしくははみ出して書いてきてくださるその果たし状に立花はいつも打ち抜かれているのだが、その中に 立花と文章しりとりで対決をする項目があるのだ。立花が書いた文章の最後の文字からさらに文章をつなげてしりとりをするという決闘。
せっかくなので本日はいただいた果たし状の中からいいですよもちろんあげちゃって、という方の中で特に立花が好きだったものを上げさせていただこうと思う。どれも素晴らしすぎたけれどね、皆さんいっぱい書いてくださったあまり、あまり、入りきらない....!!!
 
其の一、
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
立花陣
「夕陽が空にそっと溶け、今日を終わらせようとする。しかし炊飯器のスイッチは入っていなかった。」

→「タマー、タマー」我が名を呼ぶ声が聞こえる。サザエだ。
だが、今出ては、サザエは私の為に「ねこまんま」を作るだろう。あれは不味い!
今しばし時を稼げば、白米は用意できず、「ねこまんま」は「ネコ缶」に変わるだろう。
さらには、あれら一家も夕飯を外より運び入れる事になり、我が盟友カツオ殿が喜ぶは必定!
吾が友の為、吾が至福の為、月が闇を切り裂き、光輝くその刻まで、丸くなろうではないか。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いいですね、猫いいですね。確かに立花の文章では、人間だと断定はできない。そこから猫に視点を持っていっているところがシビれました。最後の中二病感溢れる感じも好き。



其の二、
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
立花陣
「夕陽が空にそっと溶け、今日を終わらせようとする。しかし炊飯器のスイッチは入っていなかった。」

→それどころか、冷蔵庫も、テレビのスイッチすら入らない。
謎のウイルスが瞬く間に地球上を席巻して、完全に都市機能は停止した。
ゾンビとよばれる感染者が徘徊する屋外には出ることができず、人々は極限状態の籠城を続けるしかなかった。
しかし、最近の研究によるとこのゾンビ達、食欲という本能だけに突き動かされているように見えるものの、日本語の肥後弁にだけは反応することが判明した。

そこで世界政府は最後の望みをかけて肥後弁を流暢に操る男『きくちくん』に白羽の矢を立てた。

乗り物の開口部は1m以上必要という難題を乗り越えて、スイスジュネーブの全世界放送ブースにたどり着いたきくちくん。人類の未来をかけてゾンビを説得する入念なリハーサルが行われ、多くの犠牲を投げ打って世界中に建設された巨大スピーカーすべてがフルボリュームでその時を迎えた。
しかし、キュー出しの赤いランプを見た途端、きくちくんは究極にテンパってしまい真っ白な顔でようやく一言発した。
「ど、どやんかなっぽう。」
あまりのことに今度は世界政府のお偉方が究極にテンパったが、それを聞いたゾンビ達はなぜか動きを止めた。
彼らが日々抱える「自分は生きてるのか死んでるのか実はどっちなんだ?つーか、たまには野菜も食べないとオカンに叱られる。」という心の闇が「どやんかなっぽう。」という全肯定の魔法の呪文によって解放されたのだ。
「どっちだっていいじゃん。どうにかなるさ。」と前向きになった彼らはそれぞれ今までの仕事や生活に静かに戻っていった。

そう、大体のことは、「どやんかなっぽう。」で解決するのだ。

と、せっかく「ぷらっとこだま」という格安チケットを買ったのに1分乗り遅れたせいでパーにして、さらに貴族の乗り物「のぞみちゃん」を買いなおして名古屋に向かう新幹線でこれを書きながら自分に言い聞かせる俺であった。

「ど、どやんかなっぽう。」泣
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

これはあれですね、小説化されていますね。完全に一つの物語として独立をしています。
最初の夕陽がそっと溶けるところなんてもう完全に切り裂いてますね。
まあでも一番のポイントは、最初の文字が完全にしりとりを無視しているところですね。もう最高でした。
きくちくん話に悔しくも引き込まれてしまったということで選ばせていただきましたありがとう。


ほかにもこんな曲を聴きたい、こんなカバーをしてみたら、と言葉がたくさん溢れていて、本当に嬉しかったのであります。またやるからね。


そして!ついにあと1週間をきってしまったよワンマンライブ。
30日にはミニアルバムも発売開始!

「アクアリウム」
¥1,500(tax in)

1.累
2.東京水槽
3.こ
4.かわいくなりたい
5.赤いチェリーとオオカミ

書き下ろし楽曲をはじめ、作家陣にGOMES THE HIT MANの山田稔明氏、元チャットモンチー、現在作詞家として活躍をされている高橋久美子氏、ザ・ビートモーターズの秋葉正志氏、ジョニー柳川氏を迎え、立花綾香の新たな世界が詰まった、全5曲収録。
1476638363858

ダイジェスト版も公開中!
https://youtu.be/fOUwwuL9jlw

あと6日で何ができるかな、なんでもできるね
どうか、楽しみにしててね。



 

ついに来月末となったワンマンライブについてお知らせです。

◆チケット完売残り僅かになりました!
座席は既に完売しまして、立ち見席が残り僅かとなっております!ぜひぜひ遊びにきてね。
ご予約はこちらから!
replyform.tachibana@gmail.com


◆出演者に若干の変更があります!
ドラムサポートが三浦氏からザ・ビートモーターズの鹿野氏に変更になりました。
なお、三浦氏につきましては同日に福岡で別のサポートがあると既に告知をされているようですが、
予定が重なった!などというわけではございませんので!立花の驚異の更新の遅さ...


◆スペシャルゲスト発表!
なんと、東京にきてから師匠と敬わせていただいている猫のお兄さん事、山田稔明氏にご参加いただくことが決定致しました.....!!!
東京にきたころから、歌詞のいろはを教えていただいたり、ご自身のライブにコーラスサポートとして呼んでいただいたり、ずっとお世話になっており、いつか自分のライブに来ていただく事を夢見ておりました。ついに叶う時が.....!!!

◎山田稔明 profile◎
1973年佐賀県鳥栖市生まれ。GOMES THE HITMANでのデビュー以来バンド活動と並行し、原田知世、坂本真綾、中島愛、千菅春香等、数多くの楽曲提供を行う。2009年からソロ活動を本格化。音楽以外にも、執筆、ワークショップなどその活動は多岐にわたり、愛猫家としても知られる。最新アルバム『the loved one』を2015年7月に、愛猫との日々を綴った初の自伝的小説「猫と五つ目の季節」を同年11月に発表。今年7月7日には新作『pale/みずいろの時代』をリリース。
ymd_2015



そして!!!


◆3rd ミニアルバムリリース決定!!◆
10月30日より3rdミニアルバムを発売します!!
やばい!!!頑張るぞう


ということで、10月30日は楽しみに楽しみにしておいてね。


10月30日
立花綾香ワンマンライブ
「東京水槽」
op/st 18:30/19:00
前売¥3,000(+1D) 当日¥3,200(+1D)

えっ、ちょっと待ってもう9月後半?嘘でしょ、やっぱり私タイムスリップしてるんだわきっと。だってついこないだ8月の頭に、ブログ用立花をバイトで雇ってちゃんと更新するとかほざいてたからね。いや待ってもう2016年終わり近いの嘘でしょ今年の目標は車の免許をとること、が3年連続見事に打ち破られてるよ怖いよもう。

さて、つらつらと言い訳は書いたのでここらですいませんでしたああああ謝って、よし、本題に入ります。
9月はあくまでも立花綾香はサブキャラ、本体はトルネードのネードでしたからね。そう、9月10日、11日は、謎に立花綾香とれーな氏のふざけから始まったユニットのまさかのワンマン、まさかの2DAYSでしたよ今考えても意味不明すぎて怖い......2年前にいつの間にか結成されたトルネード。まさかワンマン2DAYSやれるまでになるとは本当に微塵も思っていなかったよ。おまけにミニアルバムまで出して、一端のアーティストじゃないですか怖い。それでも今月はこの2日間にかけて生きていたといっても過言ではないからね。ライブ会場を押さえたり、曲を作ってレコーディングしたり、物販を合宿して作ったり。手作りライブの限界に挑んだ感じでした。
10日はトルとネードのそれぞれの固体がぶつかりあったほぼツーマンライブ。いやもうこれはツーマンライブでした。誰だよワンマンとかいったのどの部分がワンマンなんだよ。
最後のトルネード部分は、今回トル(れーな)氏の一番の課題「ピアノ連弾弾き語り」と、ネード(立花)の一番の課題「エレキギター」。お互い無謀なことをやろうぜ、と提案したこの2点が最後まで我々の首を絞めました。楽曲秘密倶楽部のピアノ弾き語り連弾は、日がたつにつれて、頭が麻痺をして、もうこれさ、オケでいいんじゃね、あてぶり(弾くまね)でいいんじゃね、と何度も悪魔の囁きが我らを揺れ動かしたが、なんとか本番にこぎつけた。エレキギターは、ギターの神高倉氏に、ギターの持ち方から教わり、ソロを弾くという人生初の体験もした。

11日は秘密倶楽部ならではの秘密をたくさん含めたトルネードとしてのワンマンライブ。 
来場者先着50名には見事に口の水分を奪う、いきなり団子をプレゼント。ちゃんと味見して決めたからね。おいしかったでしょ。
シークレットゲストには、その日の福岡から熊本までのバス移動の間で参加が決定した熊本県菊池市のゆるきゃら「きくちくん」が登場。いや乱入。一頻り暴れて帰ってゆきました。
そしてもう一方、熊本県山鹿市で活動をされている「ドン・ガバチョ」さん。ネード(立花)が音楽をはじめた本当に最初の頃からいろいろ教えてもらい、実はたまに立花が「クジラ雲と夕陽」で使用しているギターをくださった方でもあるのだ。ネードが高校生のときに楽曲を使用していただき、ずっとずっと見守ってきてくださったドンガバチョさんと、今のネードとして共演できたことはすごく嬉しかった。

そして今回のアルバム製作から、2DAYSライブの鍵を握っていたといっても過言ではないのが、影の主役、ザ・ビートモーターズのジョニー柳川氏だ。アルバムからは、「はいいろ猫の反抗期」「トルネード」を編曲、レコーディングしていただき、われらのお願いする無理難題も「いやいける」と可能にしてくださった神なのだ。2日目にいたっては、もはや本業のベースを置き、ギタリストとしてご参加いただいた。

今回は完全手作りな分、いろんな人に支えていただき、ご迷惑をおかけし、何より最高の2日間をすごせた。
いつも以上にいろんな人に支えていただいてることを痛感した。遠方からきてくださった方、2年ぶりに会いにきてくださった方、誘われてみにきてくださった方、ライブハウスのスタッフの皆様、力をかしてくださったバンドメンバー、父母妹、言い出したらきりがないが、本当に嬉しくて、胸がいっぱいになった。あれ、なんかすごくいいライブだったんじゃない、ふざけたユニットだとかいっていたけれど、すごくいい2日間だったんじゃない....!!!!
来年もできますように、何かしらできますように。

そしてそしてCDも無事完売したわけですが、いやもっといこう!と増産した分に不良があるという事件が起こっております。本当にごめんなさい。聞けないんですけど、という方、申し訳ないのですが、下記までご連絡をば.....!!!


お問い合わせ
replyform.tachibana@gmail.com


 
GetThumbForList-25
GetThumbForList-1
GetThumbForList-27
GetThumbForList-26
1474003004848
GetThumbForList-14
1474003287740
1474003351151
1474003111318
1474003441937
1474030973760
14207787_934645326647871_23510
photo.Hayashida

このページのトップヘ