赤いチェリーとオリガミ

2014年03月

お弁当。それは立花にとって宝だ。
ああ、これほど美しい日本語はあるだろうか。これほど夢と希望が詰まった箱があるだろうか。
自分で作るのも楽しいが、作ってもらったまだ見ぬ中身のお弁当はそれはもう。
箱の中身はなんでしょな並みのわくわく破壊力を持っている。
立花は社員でも、OLでもないが、彼女ら並みにお弁当だけは。お弁当だけは社員なんだ。もう意味がわからんけど。
今日なんでこんなことを書いたかというと、もう薄々気付いているだろうと思うが今日1日何もなかったからだ。そうだよ至って普通の日だったんだよ!
そんな中で唯一きらめきを放っていたのがお弁当だったからお弁当を特集してみたんだ。
でもお弁当はいいね。お昼までお弁当のことしか考えてないし、お昼以降はそれはそれでお弁当の余韻を楽しみ明日のお弁当を考えるんだ。
ああ、だんだんお弁当がゲシュタルト崩壊してきたのでさよならしましょう。
みんな!もうそろそろお弁当には保冷剤を入れるんだぞ!ちなみに今日は梅おにぎりなので立花のお弁当には不要です!うふふ。

あろは
すっかり春らしくなっちゃってもう。
素敵ったらありゃしない今日は。
メガネのお兄さんと陽気なお兄さんのライブを観に下北沢へ。妹を引き連れてったよ。
久しぶりの下北沢ということでバイトを早めに切り上げあそぼーぜ!と出陣。
古着屋さんを片っ端から回って何も買わずにワッフルを食べる。うまい。
ライブみたら絶対歌いたくなるけん先を読んでカラオケ行っとこうとカラオケ。
いいね。下北沢いいね。
小さい道がいっぱいあってわくわくするし、すごく迷うし、パンケーキ屋さんがそこらじゅうにあってわたしを誘惑してくるし、歩いてたらいきなりウィンナーの匂いするし。
いいね。下北沢。
しっかりと下北沢を堪能し、とりあえずライブ会場の近くまで行くか、と開演30分前につく。たまたまメガネのお兄さんと遭遇。メガネのお兄さんの早いね!スタートは30分後だよの一言で居酒屋へ行くことが決定。近くの焼き鳥屋さんへと入る。
image

美味い焼き鳥を食べているといつの間にか開演10分前。慌てて会場へ。
そしてライブスタート。
なんだか知っている人なのに、全然違う人に見えたなあ。すごく楽しそうでわたしも楽しくて、横を見ると妹はノリノリすぎて手拍子ズレててとても楽しそうだった。
オリジナル、カバーがくるくると回って、ギターとタンバリンとうたっていうシンプルな音なのにどんどん引き込まれていった不思議なライブでした。
ライブが終わってステッカーもゲット。
わたしのキャリーバック表面に集められているステッカーコレクションの仲間入りを果たした。

その帰り。
たまたま入ったコンビニで見つけた、やつ。
image

妹はとたんに目を輝かせ、駅まで食べて帰ろーよ!いやまじでやめよう。ほんとやめよう。いやいいたい!食べよー。2個もいらん!せめて一個!半分こしようばい!
の押し問答のうえ、購入。
恐る恐る食べてみる。うん。
わたしには無理だったようだ。
食べることは大好きだが、これはあれだ。きっと立花の食文化にはない文化なのだろう。ごめんなさい。

さあもうすぐ3月も終わるらしいからね。21歳最後の春を花粉症で終えぬよう対策をしつつお花見を連日やろうと思います。うふふ。

雨。なので朝からご飯を炊く。
雨の日の朝はご飯が食べたいんだよわかるよねきっと。
今日は久しぶりのメガネのお兄さん。久しぶりのパソコンのお兄さん。久しぶりのレコーディング。そして鼻声。
鼻声がこんなに注目を浴びる日なんてこんな日しかないよねってくらい一日中鼻声を感じてた。
ああ、初めてちゃんとしたレコーディングをした高校生の冬も同じくマックス鼻声だったなあ。どうして鼻声になるんだろ。そもそも鼻声ってなんだ。鼻は喋っとらんぞ。正確には鼻を使いすぎてでる変な声だな。きっと正式名称はこれだな。
鼻声の中、なんとかレコーディングを終える。
そしてその後は福岡時代お世話になっていた方々が仕事で東京に来てるとのことでみんなでご飯。
久しぶりに外食して、近況を聞いたり、枯れていた恋バナというものをしてみたり、楽しかった。鼻声以外は。
福岡は明日が桜満開と言っていた。ああ、綺麗だろうな。
ということで立花は明日も元気にバイト。
お花見にいきたいです!あでゅー!

朝、お天気予報で言ってた。今日は雨だって。
でもいいのだ。わたしには、今日室内で星を観れるという素晴らしいイベントがあるのだからな!ふはははは!
と思ったけど降らんかった。わたしだけ傘持ってた。恥ずかしい。

さあ今日は、待ちに待った山田稔明さんのプラネタリウムライブ。
癒される気まんまんで行くために朝早く起きてバイト先にいつもより早く出社。あいてない。
仕事もお昼はおにぎり片手にやってみる。食べれない。
慣れんことはするもんでねーな、と反省しつつ、定時1分前にコートを来て臨戦態勢。
10秒前にタイムカードを少しさし、なった瞬間お疲れ様でした
足取り軽くプラネタリウムへと向かう。
プラネタリウム。小学校の社会科見学でしかいったことないプラネタリウム。
すごく綺麗で、神秘的で、わたしが宇宙の一部になったみたいで気持ちよかったのを覚えている。だからこそ今日は特に楽しみだった。
会場はすでに行列。歩いていたら知らない子供にうわあああああって突撃された。貴様、まさかわたしがプラネタリウムに入る前に癒すという作戦か!そうはいかんぞでもかわいい。ああなんていい日なんだろうと会場に入ると。
天上がなんともいえない半球体。しかしすわるところはコンサートホールのようになっている。すごい、なんだここは。
そうこうしているうちにあたりは暗くなりライブスタート。

東京の街並み、夕暮れから始まるうた。
素敵なサウンドと半球体から降ってくる声。
鳥肌がたった。
今日はいつものライブとは違い、曲間は日常の音を入れたナレーション。
まるで映画みたいだ。音楽が主体の映画みたい。
うたとともにあたりは日がくれて真っ暗な夜。そして月と満天の星。
曲がヒートアップしていくにつれ正座が浮かび上がったり、流れ星流れたり。
ただただ、心を打たれていたなあ。
違う世界に飛び込んだみたいだった。
ライブというよりはコンサートのようなひととき。心が全開で癒されました。
ああああ長いようで短い時間だった。月一月末にみたい。
ほんとに、素敵な時間でした。
明日からというよりは今日帰ってからすぐに頑張ろう!っていう元気をもらった。
さあ明日は久しぶりのレコーディング。
今日もらった元気で頑張ろ。

やあどうも、炭酸水を職場でぶちまけました立花綾香ですこんにちは。
あれはあれだね。占いのごとく、噴き出る日と噴き出らん日があるね。最悪。

今日は20度まであがります、って天気予報のお姉さんがいってた。
昨日も春っぽい1日になるでしょうって言ってたからワンピースにしたのだがめちゃめちゃ寒かったんだ。いけるっしょと思ってたけどいけるわけがなかったんだ。だから今日は騙されんぞ、とすごくあったかい格好してったけど暑いね。完全なるさわやかな春だね。もうなんなんだよ。
さあ3月ももう終わりを迎えるわけですが、明日は。待ちに待った山田稔明さんのプラネタリウムライブ。ああどうしよう、楽しみすぎる...!!!
わたしは髪の毛座が好きです。シンプルで。みれるかな、髪の毛座。
きっと明日の立花は興奮MAXでブログ書くと思うんでそこんとこよろしく!

このページのトップヘ