赤いチェリーとオリガミ

2014年04月

昨日の事。ああ歌詞が思いつかないどうしようよし旅に出ようと朝起きて30分のうちに決め、旅立つ。とりあえず最寄りバス停から一番遠いところまでいってみようそうしよう。ということで始まった1人バス旅。
いつもは耳にいれてるもはや体の一部と化したイヤホンも今日はお留守番。メモとペンと財布と携帯だけを持って旅立った。
片方だけタイヤがパンクしたジープ
都会の傍にあるキャベツ畑
今日だけの車カフェ
赤い帽子を被ったお地蔵様
始めてみた黄色い花の群れ

いつもは通り過ぎていた景色の一個一個が目に留まる。
一番心がはねたのが車カフェ
2014-04-28-16-28-57

あり合わせの机と布切れで作った空間はなんだか自分だけの特別な空間みたいだった。
そして小さな神社で出会った鳩。
2014-04-29-12-35-47

真っ白な鳩。わあ、なんかいいなあ幸せが来そうだなあと思わずぱしゃり。
1人バス旅は福岡に住んでた時以来であの頃に戻ったようだった。
そして家に帰る頃には3曲分の歌詞ができていた。
本日の教訓はヒッキーあるべからず。

随分あったかくなったもんだなあ。
もう四月も終わりですがいかがお過ごしでしょうか。立花は迫り来る激しい寒暖の差との戦いで疲れ果てております。
激戦です。なんだねこれは。
今日は暑いでしょう!の予報を信じて薄着をすると夜には裏切られる。
なんだねこれは。
そんな立花は久々のおやすみということで1人バスに揺られて旅に出ます。
家にこもってるとだめだね。布団の魅惑にお米からのお誘い。テレビから呼ばれて気付けば夜。だめだね。
ということで何かを感じに旅に出ます。
明日から雨って行ってたしね。
妹は仕事だしね。
次回、アルバイターの立花、旅に出るの巻。乞うご期待。

世間ではすでにゴールデンウィークという名のよくわからないお休みに入られている方も多いかとは思いますが、立花は今日も相変わらず元気に出勤。
だが、今日は一日中笑顔が絶えなかったのだ。そう。今日は猫のお兄さんのライブを見に。
久しぶりな上に新しい猫のお兄さんの世界を拝見。そりゃもう悲しみなんか塵ですよね。
今度は私がこの世界に参加させてもらうのだと思うと、計り知れないワクワクと、緊張が襲ってきた。
そして何より今日のライブをみて、自分もライブをしたいと強く思った。ギターを弾いて、時には目を閉じて、歌う猫のお兄さんの姿をみてうらやましいなあと思った。
だから、私も、誰かに楽しそうだなあうらやましいなあと思ってもらえるようなライブをしたい。
今日は素敵な一日でした。アディオス!
2014-04-26-21-53-03
2014-04-26-21-11-21
 

2014-04-25-11-42-00

よく晴れた金曜日。平日なのにおやすみ。朝から早起き。
こんな朝には、とパンケーキを焼く。小麦粉とコーンスターチに卵、ベーキングパウダーとお砂糖。全部適当。そこにメレンゲをたっくさん。ふんわりなるように。そして焦げた。せっかくここまでうまくできたのに焦げた。
なんでだよ。そうだ。宅配便がきたからだ。

それから妹と二人、二子玉川まで。
いい天気でテンションもあがって、ちょっと散歩に出る。いいね、いい天気だねって話している私たちの前をしゃしゃしゃしゃしゃーって走り去っていったのは猫。
最近よく猫に出会うけど、今日のにゃんこはすごく私たちを気にしていたようだ。
ついてくるくせに物陰からじーっとこっちをみる。おいでっていうと逃げる。
じゃあねっていうとついてきて、振り向くと、これだ。
 image
やばい。かわいい。結局いつの間にかいなくなっていた。また会おうね。寅次郎。
勝手に名前つけた。

もうすぐで4月も終わる。
春が始まって、すぐ終わって、夏がくる。
備えるぞ。やってくる太陽に備えるぞ。 

一本のクレーム電話。相手は女性だ。わたしは淡々と受け答えをしていた。
長々と続くクレーム電話。そろそろ終わりかな、と思ったとき、女性はこう私にいった。
「呪ってやる。」
私は気にもとめなかった。ああ、ひどいクレームだなあ、今日は災難だ。そう肩を落とし帰路につく。
家に帰り、姉が用意してくれていた遅めの夕食を、これまた遅くまで待っていてくれた姉と一緒にとる。
そういえばさ、聞いてよ!
食事の合間に姉に今日とったクレームの話をする。
最後には呪ってやるとか言われたんばい!やばいよねー。と笑い飛ばしてじゃがいもを口に運ぶ。
なんて
あと一歩で口に入るところだったじゃがいもは姉のそのいつもとは違う声で無念にも皿へと戻る。
まさか、呪われたと?
いやいや、冗談っていうか頭に血が上ってそういわれたんばい
実は....わたしも前呪われたんよ...
え?
ただならぬ雰囲気の姉。すでに箸は皿へと置かれている。
いや、冗談でほんとばい!
私の声をかき消すように姉が大きな声を出す。
まさか。そんな非現実的なことがおこりうるのだろうか。ましてや電話口。相手の顔もわからないし何よりその一言だけで呪いなんてかかるのだろうか。だが、姉の表情は真っ青だ。

え、ちょっとまって。じゃあ、その呪いってなに?
恐る恐る聞いた質問にかえってきたのは
「たまごが食べれんくなる呪い。」
なんだって!え、ちょっと待ってほんと?ほんとばい。実は私、たまご今でも食べれんとよ。
え、だっていつも食べよったじゃん!食べれるけど食べたら毎回体中がかゆくなって吐いてしまうんよ。
え....うそだろ...じゃあケーキも卵焼きも食べれんじゃん!
それだけじゃないばい。バームクーヘンも、ゆで卵も、全部全部。
いやだ!そんなのいやだ!しかたないたい!呪われたんだけん、もうどうしようもできん!
ウソでしょ.....いやだあああああああ


という夢をみたのだと、昨晩妹が興奮気味に帰り道話してた。あほだろと思った。
さあ、今夜はオムライスにでもしようかね。ひっひっひ 

このページのトップヘ