赤いチェリーとオリガミ

2014年09月

0920..AM4:30
立花は眠いを通り越してかっと開いた目でバスに乗り込み、空港へと向かう。
外はまだ暗い。少し込み合うバスの中で立花はお茶をこぼしながら眠りにつく。

0920..AM5:30
乗務員の人におきてください、つきましたよ。それとお茶こぼれてますよと言われ、
眠りから目覚める。すいません。
少し薄明かるくなった外。若干の寒さに秋を感じつつ空港へ到着。手続きを済ます。

0920...AM6:45
さよなら。


そしてなんやかんやでAM10:30熊本へついたのであった。
そのまま実家のスタジオへと足を運び、翌日のライブの練習が始まる。
お昼をすぎると、ライブのもう一人の主役、"れーな"登場。久しぶりの彼女は若干大人びていたような気がするがそうでもなかった。一緒やった。よかった。
二人でいやこれちがくね、もっとこうじゃね、とわちゃわちゃしながらの練習。楽しい。切実に。
途中、空港で買った青山のチョコと銀座のバームクーヘン、どっちのお土産がいいかたずねると青山だと彼女は答える。腹が立ったので両方あげた。 

練習もひと段落つき、ステージの飾りつけを買いに自転車で旅立つ。二人とも久々の自転車すぎて死ぬかと思った。あれ、ブレーキってこうだっけあああああああ
無事に店へとたどり着く。なんとか生き残れた。
そのまま立花家へと帰り、母の作ったカレーを食べながら習字を書いて、折り紙を折って風船をふくらまかして...あれ。あれ、明日ってライブ.....だよね...ライブだった気がするけど文化祭じゃなかったよね、なんかの間違いだよね......
まあ楽しいからよしとしよう。

2014-09-20-18-03-30
2014-09-20-18-47-32
2014-09-20-20-13-27


明日が楽しみすぎてどうしよう眠れんということもなくおよそ3秒で眠りにつき、当日。
雨女×雨女なのでもちろん雨は降り、しかしよるにはやみ、会場全席埋まるまという奇跡がおき、いすが足りなくなるほどのお客さんに来てもらえた私達は雨女のまま死ぬのも悪くはないなと思った。
2014-09-21-19-28-02

0921 set list
1.二人
2.タリナイ
3.はいいろ猫
4.クランベリーソーダ
5.てのひら
6.クジラ雲と夕陽
7.またね

そして最後はれーな&立花綾香デュオ、「トルネード」でのライブ。
どぶろっくの「もしかしてだけど」を熱唱。
いややりきったね。私達はきっとこの曲のためにうまれてきたのだというくらいやりきったね。
2014-09-22-01-44-42

全部で2時間のライブ。楽しかったなあ。ほんとうに。
聞いてくださったみなさん、CDを買ってくださったみなさんありがとうございました!
ほんとにありがとう。

さあ、次は10月1日 学芸大学メープルハウス!
その次は10月9日 高田馬場diglight!
詳細は近日公開です。遊びにきてね!

2014-09-23-17-15-52




 

相変わらず地球はまわって、相変わらず私は今日もああ、秋がきたなあと息をしております立花ですどうも夜分に失礼いたします。
2014年も終わりに近づいて、また今年もきっと去年の暮れのようにまだなんもやってないやばいやばいって
2014年やっとらんことツアーを始めるんでしょうが今年はそうなる前に今のうちにいろいろ挑戦しようと思う。
まずは第一に山鹿でライブをすること。
もはや神化するのではないかという驚異の雨女が祟ってか、単に立花が忘れ去られているだけか、
山鹿でのライブが少ない。というか熊本でのライブが少ない。どういうことだ。こんなにも愛しているというのに。
ということでね、私の愛する山鹿でライブをするんですよええもう結構ね、結構告知してますけれども
しつこく言いますよだって21日だもんね。
2014-08-31-00-06-04
image

2014-08-31-00-06-04


今回は厳正なるあみだくじを行って順番をきめて。
そしてライブも3部構成。というか2部とネタですね。でもどこにもないライブをするんで来てください。
あーまじこんとよかったとか絶対思わせませんので。そうなったらもうクーリングオフでもなんでも受けてたってやろうじゃないかこんちくしょう。
まだ予約は受付中です!
下記メールアドレスに名前と座席数を書いて送っていただくか、もしくはれーなor立花への直接連絡をお願いします。

0921live@gmail.com


そして今。いやこれから。
立花はいかに早く熊本に帰るか研究に研究を重ねた末、今からの出発です。
様々な睡魔野郎と時間野郎と戦いながら無事熊本に生還してやろうと思います。

みんな、待ってろよ!


 

気付いたらもう2014年が終わるじゃないか。なんなんだなんだこれはなんだこの時の速さは。
あれ、、もしかして私、ワープしてる....のか...うそだろ.....

まあそんなことはどうでもよいとして。
昨日は立花バンドライブ。イン学芸大学メープルハウス。
もうね、わくわくを通り越して目がらんらんと血液がざんざんと、前日の夜、いや朝から楽しみにしとったんです。
前日のバイト中も頭の中では常にリハが行われており、立花さん大丈夫?トイレ?を何度聞かれたことか。
そして当日。
この日がサポートをしてくださるメンバーの方とも初対面。ドウモハジメマシテコンニチハ。
初めていとこに会う時の気持ちだった。それは。まるで。
挨拶もそこそこにリハ兼初合わせスタート。みなさん素敵で素晴らしい音をこねこねしてくださって、血の流れが早かった。
そして気付いたよ。本番もすごく最高だったけど気付いたよ。
興奮のあまり写真を一枚も撮っていないことに。
何をやっていたのだ、なんのために地球は回ってるんだ写真をとるためじゃないか!!!!!
だが時すでに遅し!みなさん帰られたし!
ということで今回は写真がございませんが楽しかった。歌ってて楽しいなあ、終わらないでほしいなあって思ったよ。おなかはすいたけれども。
なのでまた、バンドライブをやることに決まりました12月。
今回見てない人はぜひともみてほしいです。12月21日予定。がっちり決まったら再度アップします。

そして今週末は。

2014-08-31-00-06-04


熊本熊本熊本熊本熊本です。
ぜひぜひみにきてね。予約受付中!
下記アドレスまで!

0921live@gmail.com

さようなら。


 

なんかやけに寒いと思ったらいつの間にか秋がやってきてたわけですがカレーが食べたい。無性に。食欲の秋だからだろうか。ということで昨日は高校の時から食を共にしておる友人Kと餃子パーティーを決行。
駅の近くで材料を購入するのだが、餃子の皮が残り1セット。30枚入り。
どうする?30枚で足りるよn足りんね!
友人Kの胃袋からの叫びで餃子の皮から手作りしてやろうぜ会へと変更。もうとことん作ってやろう。死ぬまでもう餃子要らんってなるくらい作ってやろう。
そう私達は心に決めたのだ。
餃子の皮をさらりと元の場所へ戻し小麦粉へ変更、帰宅。
そう、悲劇が待っているとも知らずに----。

時は戌五つ時。そう20時半だ。
我らが戦いは始まった。
まずは皮作り。とりあえず立花はちょっと部屋の片付けするから、とKに皮の命を託す。
10分後。
ねえ、なんかこれ餅にしかならんとだけど。というまったく理解不能な言葉が耳に飛び込む。どれどれ、と覗くと餅だ。どうやったら小麦粉を餅に変えることができようか、いやでもこれは完全に餅である。横から見ても上から見ても触ってみても餅である。
どうやら出鼻をくじかれたらしい。
しかしここで臆する我らではないのだ。
皮の命は立花が引継ぎ、Kには攻略その2、中身にとりかかってもらう。
Kは必死でしいたけをみじん切りにし、立花は必死で皮の延命を行う。
そして時刻はもう22時を回ろうとしているところでようやっと皮と中身の戦に出る準備が整う。
ささっと包んではおいて包んではおいて、我らが隠し球チョコレートとキャラメルも包んでは置いて。
巨大な餃子の軍隊が出来上がる。
そしてついに鍋へと侵入。ハラハラドキドキしながら待つこの時間はなんとも言えぬ。だがしかし、ここでまた、重大な失敗を犯す。よそ見だ。ちょっとほんのちょーっとつもる話をしている間に軍隊は一気に焦げてしまった。ごめんよ。

image


激しく自己嫌悪に陥り、しかしここでくじけてはいけない。彼らを労わるように優しく箸でつかんで一口食べる。
なんだこれは。なんだこれは、うまいじゃないか!
人は見かけじゃないのだとはよくいったもので、餃子も見かけにはよらないのだ。彼らはもまれ、つつまれ、立派な餃子へと成長していた。これほどの感動は今までにあっただろうか否!
歓喜に包まれ、第一回食欲の秋会は終了した。

これから冬がくるまで、いや冬になったらなったでどれだけ美味しいものに出会えるだろうか、楽しみだ。

そしてそんな秋のライブ。

9/13(土)
学芸大学メープルハウス
OP/18:30- ST/19:00-
立花はラストにバンドで登場!

9/21(日)
熊本 山鹿アヴァンティ
OP/19:00- ST/19:30-
「はいいろ猫の反抗期。」
予約は下記まで!
0921live@gmail.com

2014-08-31-00-06-04


そして以前私がお世話になったライブハウスでのイベンターさんに素敵な動画を作っていただく。

クジラ雲と夕陽
http://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=4IIa1ioWp8M

クランベリーソーダ
http://youtu.be/GYDxCysvyBA

クランベリーソーダは、我が言葉と音楽の師匠、猫のお兄さんこと山田稔明氏の曲、「harvest moon」のあまりにもよいクランベリーソーダのゴロと耳にかかる感じで作った曲だ。
そんな猫のお兄さんのライブサポートを9月9日に代官山のおしゃれなカフェバーでやらせてもらう。
打ちっぱなしのコンクリート上の壁が上の上まで続く広い素敵な空間に広がる音は楽しくもあり哀愁が漂う感じでもあり、秋だなあ、と心がじんわりするライブだった。
image


長々と書いてしまったが最後にひとつだけ。お風呂場の電気が切れたら只者じゃなく怖いってことがわかったけんみんな気をつけてね。あでゅ!


悲しみに暮れながら8月を見送りやってきた9月。寒い。ついこの間まで暑いを毎回のように書いてたから寒い、ってパソコンに打つのがなんだかすごく新鮮である。そんな秋の夜長に更新しておりますが事件が発生。
妹と二人で洗濯物をせっせと干してたんだ。そりゃもうせっせと黙々と一言も言葉を発さず。眠いんだもの。
そうしてそろそろ終盤というところで事件は起きた。
あっ!という妹の声で振り向く。その視線の先は天井だ。否。天井にいる黒いやつだ。
その名もカミキリムシ。でかい。やばいでかい。なんだこいつは。そして無駄に元気である。
ここで立花妹が叫びだす。やつはじりじりとこちらへ向かってくる。どうするよねえどうするこいつ絶対放置したら夜中入ってくるやん髪切られるやんどうするねえどうするこっちこんでえええええええええ!!!!
ひいいいいい、と妹。ここはもう立花しかいないいや立花の出番だ、お前はきっと今日この日のために生まれてきたのだ、そう思うと急に奮い立つ。力がみなぎるのがわかった。私は、私は今、輝いているーーーー。
目を爛々とさせ、箱を手にとり、やつの真下へ。心配そうな妹。大丈夫だ、下がっていろ、と声をかけしゃこしゃこ動くやつにターゲットロックオン。
わああああああああと今世紀最大の声をあげながらやつを箱に突き落とす。そのままわああああああと雄叫びをあげながらベランダへやつを放り出す。
終わった。終わったのだ。秋の背水の陣は終わったのだ。

そんな秋のはじめに私はライブをした。
0903meple2
今回もピアノとギターを操ってのライブ。インザ学芸大学メープルハウス。
今度は13日にここでバンドでのライブを行う。

そしてもうひとつ。

image
image
大事なことなので2回張ってみた。
9月21日はみなさん山鹿アヴァンティへ集合ですよ!
熊本で人気上昇中、大活躍中のれーな氏と、夏が終わって放心状態の立花綾香が企画したライブです。
まさかのネタもあるから遊びにきてね。
こちらは予約制となります。下記メールアドレスにお名前とチケット枚数を記入の上、送信くださいませ。
席に限りがあるのでお早めに!
0921live@gmail.com

さあ次の一番近いライブは9月7日(日)
新大久保cafe&bar KichiKichiにてライブ。
私は19時頃出演予定。遊びにきてね!こちらの予約も承っております。

ではみなさん、煎餅でくれぐれも口の中を切らんごつね。あでゅ。
 

このページのトップヘ