人間が生きているうちに自分と同じ顔の人を3人みると死ぬらしい。だいぶ前に流行った話題だ。ドッペルゲンガーというやつで、それはパラレルワールドとよばれる自分が選ばなかった先の未来、だと私は思っているがおそらく私が生きている世界と平行して存在するまったく別の世界。その世界の同じ人間がたまたま、何かの拍子で同じ世界にいてしまうという。しかし同じ人間は存在してはならない、その為2人が消えるのだという。しかし今の立花はおそらくその2人にあっても仲良くなれる気がするむしろ仲良くなりたい。猫の手も借りたいとはよくいうが猫は猫だ。肉球で、ふわふわの毛で癒される以外に道はないのだ。今私は切実に私がほしいのだ。
私は常に自分に出来ない事はないと思って生きている。それは単純に自分がまだ子供で限界というものを知らないだけなのかもしれないが、人間というのはきっと自分が思っている以上にもっと色んな事を秘めていて、まだ誰も解明できてないことだらけで、そんな素晴らしい人間に生まれて、これはできないと自分の判断で諦めてしまうのはなんだかもったいない気がするからだ。だがしかし、時間が足りない。時間だけがどうしても足りないのだ。寝るのを我慢することは可能であっても、時間を止めることだけはどうしてもできない。いやもうすでにどこかの科学ではできているのかもしれないが、少なくとも今の私にはできていない。となるとスピードを上げるしか方法はなく、いかに早く処理できるかというのが問題になってくる。20枚紙を折らなければいけないとすれば、1枚目より5枚目の方がスピードがあがっていなければいけない。そうか人差し指でなく、中指を使ったほうが早いのか。そうか、真ん中を一度おるのではなく、上から一直線に折った方が早いのか。そうやって自分と戦いながら作り上げたたちばなしスペシャル。つまりこんな長い前ふりをしておきながら何が言いたいのかというと、4月29日ハグロックで限定販売しようと作ったたちばなしスペシャルでしたが予想以上にたくさん買ってくださって、全然足りませんでしたすいませんでした。という事で、限定で販売の予定だったけれど、今月のライブいっぱい販売しようと思います。とはいえ、やはり手作りでありますので、数にはどうしても限りがあります。
なので、ライブの予約メールの時にたちばなしスペシャル希望、と書いて送っていただき、当日物販にてお名前をいっていただければ確実にお渡しできるように致しますです!
とりあえず、販売するのは、

5月6日 @福岡清川キャバンビート
5月22日 @渋谷gee-ge
5月27日 @恵比寿天窓switch
5月31日 @代官山LOOP

の4回です!なお、ライブの予約は下記より受け付けておりますです。
replyform.tachibana@gmail.com

でもハグロックは本当に本当に楽しかった。
久しぶりのバンドライブ。今回は大先輩であるザ・ビートモーターズのジョニー柳川氏、木村氏、鹿野氏がサポートをしてくださり、いつもよりどきどきして、いつもよりすごく刺激的だった。
いつも来て下さるお客さんも、弾き語りの時の顔と全然違って、一緒に口ずさんでくれたり、頭ふってくれたり、いつもと違う顔が見れてすごく幸せだった。いつも見てるんだからね、歌ってる時すごく見てるんだからね。
またバンドライブもやりたいな。

22日はスペシャルな対バンになるのです。どうぞどうぞ楽しみにしててね。