前話 あきこvol.2 http://tachibanaayaka.blog.jp/archives/49471404.html


気付いたのは、いつも通りの朝を迎えた午前8時だった。
いつも通り、きのこを入れた炊き込みご飯と、きのこの味噌汁、明太子を食べ、顔を洗い、歯を磨き、白衣を鞄に入れたところで、携帯のランプがちかちかと点滅をしていた。
誰からだろう、とホームボタンを押したところで、いつも乗るバスの時間3分前という事に気づき、再度携帯を鞄に突っ込み家を飛び出す。
はあ、はあ、と息を切らしバス停にたどり着いた時にはもう、バスが通り過ぎているところであった。ああもう!と走り出す。駅までは徒歩30分。走れば26分。よし、間に合う。
あきこは長い髪をゴムでまとめ、全速力で走り出す。
駅まで走るのは久しぶりだった。焦りながらも周りを見渡すと、少しずつ春が来ていることを感じた。木々には蕾がつき、少しずつ緑が増えてゆく。ああ、また春がくるのか。そういえば少し鼻がムズムズするなあ。花粉の季節がやってくる。またアレ〇ラをまとめ買いしとかなきゃな。 心地よい風が首を撫でる。そうだ、今年の春は思い切って髪を切ろう。心機一転して、またここから始めるんだ。もっともっと研究に力を入れて、一刻も早く父と母の手がかりを見つけるんだ。そうして大きくなった私を見てほしい。そうだ、それまでにもっと誇れるような人間になって、父と母を喜ばせよう。全てが終わったらきのこのバイトもやめてスイカの栽培のバイトに切り替えよう。明るいビニールハウスの中、大きくて甘いスイカを作ろう。特にスイカが好きなわけではないけれど。
自然と口角があがるのがわかった。わたし、笑えてる。そういえば、こんな風に心が軽くなること、あまりなかったな。
悩んでいても仕方がない。悩むのは、進むべき道を選ぶときだけにしよう。後悔して、くよくよして、どうしよう、って過去の事を悩んだって、なんにも変わらないんだ。
あきこの足は自然とスピードをあげてていた。駅までもう少し。少し冷たい風を吸い込んで、横断歩道を駆け抜ける。そういえば、白線の上だけを渡って落ちたらワニに食べられるぞっていう遊びを父としていたな、少しスピードが落ちたその時、
「あぶない!!!」
大きな声が聞こえたと思ったその瞬間、体ががくんと跳ね上がるのがわかった。車のクラクションが鳴り響いている。私の記憶は、それで終わった。



ENDING
春よ、来い/松任谷由実
https://nana-music.com/sounds/0260b2ea/





【INFOMATION】 

4月2日来る日曜日
立花綾香ワンマンライブ「立花の乱」
@渋谷チェルシーホテル
op/st 18:30/19:00
adv/day ¥3,000/¥3,500(+1D)
立花バンド新体制でのライブ。
ご予約は下記より。
※お名前、人数を記載の上お送りください。
replyform.tachibana@gmail.com

photostudio_1477679649989