昨日の事。ああ歌詞が思いつかないどうしようよし旅に出ようと朝起きて30分のうちに決め、旅立つ。とりあえず最寄りバス停から一番遠いところまでいってみようそうしよう。ということで始まった1人バス旅。
いつもは耳にいれてるもはや体の一部と化したイヤホンも今日はお留守番。メモとペンと財布と携帯だけを持って旅立った。
片方だけタイヤがパンクしたジープ
都会の傍にあるキャベツ畑
今日だけの車カフェ
赤い帽子を被ったお地蔵様
始めてみた黄色い花の群れ

いつもは通り過ぎていた景色の一個一個が目に留まる。
一番心がはねたのが車カフェ
2014-04-28-16-28-57

あり合わせの机と布切れで作った空間はなんだか自分だけの特別な空間みたいだった。
そして小さな神社で出会った鳩。
2014-04-29-12-35-47

真っ白な鳩。わあ、なんかいいなあ幸せが来そうだなあと思わずぱしゃり。
1人バス旅は福岡に住んでた時以来であの頃に戻ったようだった。
そして家に帰る頃には3曲分の歌詞ができていた。
本日の教訓はヒッキーあるべからず。